モニターサイトコエタス【11月のモニター当選数14件!! 総額:71,824円 相当】

【牛乳消費大作戦】牛乳とお酢でチーズが作れちゃうって本当?

ぱに子
こんにちわ、ぱに子です。
皆さん、牛乳とお酢でチーズが作れるって知ってました??
なんだか楽しそうですよね!!!
さっそくぱに子も挑戦してみましたっ

作り方は牛乳に熱を加えてお酢と混ぜるだけ。
すると、あっという間に牛乳が分離してチーズになるそうです。

実験のようでわくわくしますね。
では、実際に作ってみます。

\ モニター始めるならコエタス /

牛乳+お酢で作る自家製カッテージチーズ

参考は明治のHPです。

紹介されているレシピは牛乳500mlに対し、お酢大さじ2。
他のサイトやレシピでは牛乳200mlに対し、お酢大さじ1の比率で作られていました。
自宅にあまっていた牛乳は800mlだったので、お酢大さじ4で作っていきます。

材料(カッテージチーズ200g分)

牛乳:800ml
お酢:大さじ4

作り方

1)まずは鍋に牛乳をIN。
  鍋肌がふつふつとするまであたためます。

  ※この時ぼこぼこと沸騰させてはだめ。

2)火を消して、お酢を加えたら素早くかき混ぜる。
  しばらくすると徐々に分離して、ぼそぼそした塊ができてきます。
  
  しかし、時間をおいても、明治のHPの写真のように乳清(ホエー)と塊に綺麗には分かれませんでした。

3)ざるに厚手のキッチンペーパーやふきんを敷いて水気を切る。
  15分ほど放置して、乳清(ホエー)が自然と落ちなくなったら、ゆっくりと絞ってさらに水気を切ります。

  ※キッチンペーパーを使用する方は破れやすいので慎重に行ってください。
  上部をひねって、ざるに押し付けるようにすると破れにくかったです。
  (ぱに子は一枚破りました。)

4)完成。
  800mlの牛乳から、200gの自家製カッテージチーズと600mlの乳清(ホエー)ができました。

ぱに子は市販のカッテージチーズを食べたことがないのですが、フレッシュでミルク感の強いチーズですね。

これがカッテージチーズ…?
少しの酸味とチーズ特有の風味がちゃんとしました。

このままサラダや、クラッカーに乗せて食べてもいいそうです。
乳清(ホエー)はジュースにしたりとか。

自家製カッテージチーズやホエーの活用レシピ

作ったカッテージチーズと(乳清)ホエーを使ってケーキとスープを作ったのでよかったら参考に。

乳清(ホエー)は栄養満点らしいので、捨てずにまるごと使っちゃいましょう。

乳清(ホエー)とは?

それにしても、さっきから登場している乳清(ホエー)という単語。

乳清(ホエー)って実際何?
栄養満点って何が含まれてるの?ということで、調べてきました!

乳清(ホエー)とは、ヨーグルトやチーズを作る時にできる水溶液を指すそうです。
ヨーグルトの上にたまる黄色い液も乳清(ホエー)。
乳清(ホエー)の栄養は70%が乳糖、10%が塩分、15%がタンパク質、5%が脂質で構成されており、特に注目されているのがタンパク質なんだそうです。

もっと知りたくなったらコチラへ。



余談ですが、
この自家製カッテージチーズの作り方を調べていると2種類の材料の組み合わせを見ました。

  • お酢を使うレシピ
  • レモン汁を使うレシピ。

材料が違ったり、牛乳の温度によって、出来上がりのなめらかさが変わってくるそうです。
ほんとに実験のように楽しめるので、お子さんの自由研究とかにもいいかもしれません。
ぜひ一緒に作ってみてくださいね。

Advertising